プロフィール


日本を代表するガールズパンクロックスリーピースバンド。

(写真右から)ベース やよい、ボーカル・ギター まり、 ドラム まいこ

1999年、千葉大学バンドサークルにて結成。
2004年、初のアメリカツアーをきっかけに本格的に活動開始。

圧巻のパフォーマンスとグルーヴを誇る日本屈指のライブバンドである。

様々なジャンルを自由に取り入れた楽曲アレンジとメロディアスでキュートな歌声と突き刺さる歌詞は人々の心を捉えて離さない。

これまでに、
日米大型フェスへの出演に加え(サマーソニック、アラバキロックフェスティバル、JOIN ALIVE、 ロックインジャパンフェス、カウントダウンジャパン、SXSW 等)、日本ツアーはもちろん、アメリカツアー、ヨーロッパツアーをコンスタントに開催。

特に、2006年、2007年に行ったスーサイドガールズとの全米40本ツアーはのべ10万人を動員。

また、日本全国にコピーバンドが多数いることでも知られており、 ツアーに合わせてコピーバンドとの共演イベントも開催。

日本でのアルバムリリースはこれまでに12作品。
インディーズレーベル、BENTEN Label、July Recordsを経て、
2009年、ビクターエンタテインメントより、300円シングル「タイムラグ」にてメジャーデビュー。
音楽界のみならず、経済界においても話題を呼ぶ。

その後、2010年、モジャーレコードを設立して独立。

「SHOCKING」(2011年)以降の作品は、BORIS、坂本慎太郎(ex.ゆらゆら帝国)、GUITAR WOLF等を手がける
奇才エンジニア中村宗一郎(PEACE MUSIC)を迎え制作。世界観は更に深まり、音楽性に広がりを見せている。

全米リリースは、ガールズバンドレーベルの殿堂BENTEN Label、
グーグードールズのベーシストRobby主宰グッドカラメルレコードより。

2014年、結成15周年を迎え、初のベストアルバム「つしまみれまみれ」をリリース。

著名人とのコラボレーションも多数。
(泉谷しげる、ROLLY、ウルフルケイスケ、寺岡呼人氏等とのセッション、レコーディングや、映画監督ヴィム・ベンダースによるショートフィルム撮影、アメリカの国民的アニメ、パワーパフガールズのテーマソング作成等。 2014年は小林幸子氏と対談。)

バンド名の由来は、ベースやよいの名字「つしま」の「つし」と、 ボーカルギターまりの「ま」と、ドラムみずえの 「み」が「まみれ」て「つしまみれ」。

目標は「武道館でぶどうパンライブ」。

2016年3月25日、17周年記念ワンマン「花まみれ 2016」代官山UNITを満員で終わらせた翌々日より13度目のアメリカツアーへ
(全23公演)。
また、6月には韓国ツアーへ。(ソウル4公演)
9月は、アメリカ、オーストリア、韓国の親交のある3バンドを日本に迎え、日本の人気バンドと共に主要7都市をまわる
「外タレまみれツアー2016」を開催し話題を呼ぶ。
10月は、14度目のアメリカツアーへ。(全18公演)

12月は、フランスの大型フェス2本を含む初のヨーロッパツアーへ。(全16公演)

特にレンヌのTRANS MUSICALESでは、初のフランスライブでありながら、約1000人を動員、翌日のテレビニュースにもその様子が放映されて話題をよんだ。

2017年2月10日、オリジナル・メンバーのドラムみずえが脱退。

その後、休むこと無く4月にはサポートメンバーにまいこを迎えレコーディング、
5,6月は「TsuShiMaMiRe World Tour 2017」と題し、ヨーロッパツアーへ。
5ヶ国、17本のライブを大盛況で終える。
特に、スイスでは、世界的アーティスト、ASIAN DUB FOUNDATIONのサポートアクトをつとめる。
オープニングながらアンコールを獲得、ファンのみならず、メンバーをも虜にする。

また、
「TsuShiMaMiRe World Tour 2017」は、7月に日本ツアー、8月にアジアツアー、9月10月は、アメリカツアーへと続く。

ヨーロッパ帰国後の日本ツアーで、観客の承認を受け、サポートドラムのまいこの正式加入が決定。

そして、10月25日、2年ぶりのオリジナル・アルバム「NEW」のリリースが決定。
11月からは、全国ツアーを嘘つきバービーしげると組んだ新バンド「つしまげる」とともに開催。

とどまることのないつしまみれの情熱は日本中、世界中に向けて発信し続けている。